入札の加点を狙うならISOを取得すべき?

公開日:2024/05/15   最終更新日:2024/05/10

?

建設業においてもISO取得は大きな意味があります。たとえば、公共事業の入札で競争力を高めるには、ISO認証を取得するとよいといわれています。ISO認証は企業の信頼性を高め、入札における加点要素として活用されるためです。この記事では、一般競争入札・指名競争入札の違いやISO取得のメリットについて解説します。

一般競争入札・指名競争入札とは

一般競争入札と指名競争入札は、公共工事における入札方式において重要な役割を果たしています。

これらの入札方式は、公共事業の透明性と公正性を確保するために、国や地方自治体によって定められています。それぞれの入札方式には特有の特徴と適用条件があります。

一般競争入札

一般競争入札は、公共工事において不特定多数の事業者が参加する一般的な入札方式です。

この方式では、建設業許可などの一定の要件を満たす事業者が参加資格を得て、入札に参加します。国や地方公共団体が定めた入札参加資格を満たすことが必要であり、時には技術的な条件や実績などが求められます。

一般競争入札では、参加した事業者の中からもっとも有利な条件を提示した事業者が受注者となり、工事契約が成立します。受注者の決定は、総合評価方式や価格競争方式などを用いて行われますが、一般競争入札は、透明性と競争原理を重視した入札方式として広く利用されています。

指名競争入札

指名競争入札は、特殊なケースや特定の条件下でのみ実施される入札方式です。

この方式では、一定以上の実績や技術力を有する事業者が、事前に指定された範囲内で入札の機会を与えられます。指名競争入札は、あらかじめ国や地方自治体が指名し、特定の条件を満たす事業者のみが参加するため、一般競争入札とは異なる特性をもちます。

一般競争入札のメリット・デメリット

一般競争入札は、公共工事やプロジェクトの受託業者を決定する際に広く利用される手法です。

この方法には、いくつかのメリットとデメリットがあります。

メリット

一般競争入札では、設立して間もない事業者や実績が少ない事業者でも入札に参加できます。

これにより、市場への参入のハードルが下がり、競争が促進されます。これは、競争原理の健全な機能を保つうえで重要です。また、公共工事の財源は税金から供給されるため、透明性と公正性が求められます。

一般競争入札は、適切な手順に基づいて行われ、関係者に対して公平なチャンスを提供する利点があるのです。さらに一般競争入札は、一定の基準のもとで、事業者同士が競争する場になります。

価格のみならず、品質や提供される価値も重視されるため、結果的に効率よく業者を選択できるのです。

デメリット

とくに需要の高いプロジェクトや大規模な公共工事では、競争が激化し、価格だけではなく提案の品質や技術的な能力などが二の次にされることがあります。

業者が利益を確保するのが難しくなり、結果として業界全体の収益性を低下させる可能性があります。また、中小企業や零細企業にとって、実績やノウハウを積む機会として一般競争入札は魅力的です。

しかし、これらの企業が競争に参加する際には、落札される可能性が低く、落札しても利益を確保するのが難しい場合があります。

指名競争入札のメリット・デメリット

ここでは、指名競争入札のメリット・デメリットについて解説します。

メリット

指名競争入札は、指名された事業者だけが入札に参加できます。

つまり、参加者数が限られているため競争が緩和され、入札の確率が高まるメリットがあります。さらに指名制度で価格競争があまり起こりにくいため、価格が自動的に押し上げられることを防ぐ効果も期待できます。

また、指名競争入札で契約を獲得した事業者は、その後も官公庁の公共事業において指名される可能性が高まります。このことから、長期的な関係性を構築しやすくなり、信頼関係の構築や安定した収益の確保につながるでしょう。

デメリット

指名競争入札は、指名されないかぎり入札に参加することができません。

指名を受けるためには、これまでの実績が重視されがちです。新規参入や成長途上の事業者にとっては大きなハードルとなるでしょう。また、指名制度により、一般競争入札に比べて透明性や公正性が低いという指摘もあります。

指名のプロセスがオープンになっていない場合、特定の事業者に偏った契約が行われる可能性があります。

入札にISO取得は有利?

公共工事への参加を目指す事業者にとって、入札におけるISO9001の取得は有益な戦略です。

一般競争入札と指名競争入札の両方で、ISO9001の取得は加点の対象となります。では、なぜISO9001の取得が有利なのでしょうか?以下にその理由を詳しく解説します。

加点される可能性が高い

公共工事の評価方法には、「総合評価方式」が採用されることが増えています。

この方式では、ISO9001やISO14001(環境マネジメントシステム)の取得があると加点されることがあります。とくにISO9001の取得は、品質マネジメントシステムの確立と運用を示すものであり、入札において評価されやすい要素です。

そのため、ISO9001の取得は入札の競争力を高め、落札の可能性を向上させるでしょう。

自社の信頼性を高める

ISO9001の取得は、自社の体制や品質管理のレベルを示す重要な証拠です。

この国際規格の取得は、自社が国際的な基準に達していることをアピールする手段となります。公共工事以外の取引においても自社の優位性を高める材料となります。ホームページや営業活動においてISO9001の取得をアピールすることで、顧客からの信頼を得ることができます。

品質マネジメント体制の強化

ISO9001が求める要件を満たすためには、ルールやマニュアルの作成、業務プロセスの改善などが必要です。

これにより、企業の業務プロセスの見直しや自社の品質マネジメント体制が強化され、品質向上や顧客満足度の向上につながります。また、継続的な改善を求められるため、PDCAサイクルを通じて企業体質の強化が図られます。

まとめ

一般競争入札と指名競争入札は、公共工事における入札方式としてそれぞれ独自の特徴をもっています。一般競争入札は広範な参加を促し、競争原理を重視します。一方、指名競争入札は特定の事業者に焦点を当て、実績や技術力を重視します。これらの入札参加を勝ち抜きたい事業者にとって、ISO9001の取得は重要な戦略の一環です。入札において加点され、自社の信頼性を高めるだけではなく、品質マネジメント体制の強化にもつながります。したがって、ISO9001の取得を検討することは、事業の成長と競争力向上にとって有益な選択といえるでしょう。

ISO取得コンサルタント会社!おすすめ比較ランキング

商品画像4
5
会社名ISOプロISOコム株式会社ISO認証パートナー(旧ISO総合研究所)株式会社テクノソフトLRM株式会社
実績・マネジメント層以上が選ぶISOコンサル会社No.1
・運用サポート実績1000件突破
サポート実績200社/スリム化実績70社3年以上の運用継続率94%ISO支援実績日本一ISO27001/ISMSの認証を取得
料金■ISO取得・運用支援 コンサルティング
月額4万4,000円(税込)~
※プラン・事業規模・契約年数などにより異なる。
■新規ISO取得+運用・更新サポートプラン
初年度料金 月額 7万5,000円~
次年度以降 月額 3万5,000円~
■ISO新規認証・運用代行コンサルティング
1規格 月額4万円
※別途交通費
■認証取得支援コース
※価格は恐らく見積もり後
■ISMS/ISO27001認証取得コンサルティング
88万円(税込)~
取り扱い規格ISO9001,ISO14001,ISO27001,ISO45001,Pマーク,HACCP,ISO22000,FSSC22000,ISO9100,ISO13485,ISO22716,ISO27017ISO9001,ISO14001,ISO22000,ISO27001,ISO45001,ISO27000,JFS-A/B,HACCPPマーク,ISO9001,ISO14001,ISMS・ISO27001,ISO45001,ISO22000,ISO/IEC 27017ISO9001,ISO14001,ISO27001,ISO13485,JISQ9100,ISO/FSSC22000,HACCP,Pシーマーク,ISO45001,ISO22301,ISO17025,ISO20000,ISO50001,IATF16949,ISO29990,ISO39001ISMS/ISO27001,プライバシーマーク,ISMS/ISO27017,ISMS/ISO27701
問い合わせ電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム・Eメール
会社情報NSSスマートコンサルティング株式会社 東京本社
〒163-6021
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー21階
ISOコム株式会社 東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル2F
株式会社ISO総合研究所 大阪本社
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島2丁目2番7号 中之島セントラルタワー21F
株式会社テクノソフト 本社・大阪事業所
〒530-8611 大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー
LRM株式会社 神戸オフィス
〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通1-2-10 読売神戸ビル 5F
詳細リンク

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

建設業においてもISO取得は大きな意味があります。たとえば、公共事業の入札で競争力を高めるには、ISO認証を取得するとよいといわれています。ISO認証は企業の信頼性を高め、入札における加点要

続きを読む

  ISO認証とは、企業が国際的な品質基準に準拠し、その適合性を証明するプロセスのことです。この記事では、初心者にとって重要な基礎知識として、ISOの概要や認証の意義、取得手順など

続きを読む

会社名 株式会社GCERTI-JAPAN(ジーサーティ・ジャパン) 住所 〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー19階 電話番号 06-7662-0

続きを読む

会社名 JQA(一般財団法人日本品質保証機構) 住所 〒101-8555 東京都千代田区神田須田町1-25 生活に欠かせない電化製品や自動車などは、国で定められた基準に基づいて製造・販売され

続きを読む

ISOとは、ビジネスにおいて品質や安全性を確保し、競争力を高めるための国際規格です。本記事では、ISOの基本知識から、ビジネスへの利益につながる規格の種類やメリット、さらにはISO認証の取得

続きを読む

ISO22301は、事業継続マネジメントシステム(BCMS)に関する国際規格であり、企業が予期せぬ事態に直面した際にも、その影響を最小限に抑え、事業活動を迅速に再開できるようにするためのフレ

続きを読む

HACCP(ハサップ)は、食品安全を確保するための重要な制度です。この記事では、HACCPの基本や導入にともなうメリット・デメリット、そして認証取得の手順について詳しく解説します。食品業界や

続きを読む

会社名:株式会社ISOMA 住所:東京都中央区日本橋2丁目1番3号 アーバンネット日本橋二丁目ビル10階 電話番号:03-4405-3213 株式会社ISOMAは2019年に創業した比較的新

続きを読む

会社名:株式会社バルク 住所:東京都港区虎ノ門四丁目1-40 江戸見坂森ビル 電話番号:03-4500-6484 バルクはPマーク(プライバシーマーク)やSIO27001取得認証のコンサルテ

続きを読む

Pマークは国内での安全性認証を指し、ISOは国際的な標準です。本記事では、これらの違いを解説し、製品の信頼性向上にどのようにつながるかを解説します。製品安全性の視点でPマークとISOの違いを

続きを読む