サーベイランス審査って何?審査の目的やポイントについて解説

公開日:2023/04/15   最終更新日:2023/05/30


ISOは国際的な規格であり、この企画を取得することで会社の信用を高められます。さらに、規格を維持し続けるためにサーベイランス審査を受け続けることで社内体制の整備を図ることができます。今回はISOのサーベイランス審査の内容やタイミング、審査のポイント、サーベイランス審査が行われる理由などについて解説します。

ISOのサーベイランス審査とは?

ISOのサーベイランス審査とは、ISOの取得後も要件を満たし続けているかをチェックする審査のことで、1~2年おきに実施されています。審査機関によっては維持審査や定期審査の名称で呼びますが内容は同じです。

審査概要

ISOの認証を取得するとき、基準を満たすためのルールをつくります。そして、そのルールに従って業務を行った後に審査会社から2回の審査を受けて合格すると、ISOの認証を得られます。しかし、ISO取得後も同じ水準を維持しているとは限りません。

そこで、定期的にルールが守られているか確認し、品質の維持につとめています。つまり、取得した当初と同じ水準で会社のシステムが維持されているかについてチェックするのがサーベイランス審査であるといってもよいでしょう。

主な審査内容

サーベイランス審査では、適宜実施されている内部監査の実施状況や現在発生している問題点の洗い出しを行います。それらの問題に対しどのように対処しようとしているかについても確認されます。現在企業に寄せられているクレームの内容や対応についてもチェックされます。もちろん、審査の最重要目的であるマネジメントシステムの運用状況確認も行われます。

サーベイランス審査のタイミングと審査のポイント

サーベイランス審査はISO認証を取得した組織で定期的に実施される審査です。ここでは、審査のタイミングと審査ポイントについて解説します。

審査のタイミング

サーベイランス審査はISOを取得してから1年以内を目安に実施されます。その後の審査については、具体的な実施間隔はISOを取得した組織や監査機関によって異なります。通常は年1~2回の頻度で実施されますが、第三者からかなり大きなクレームが寄せられたときや規格の大幅変更が発生したとき、システムを大幅に変更したときなどに臨時の審査が行われることがあります。

審査のポイント

サーベイランス審査で調べられるのは以下のポイントです。

・マネジメントシステムの運用状況
・ISO規格の要件に適合しているかの確認
・改善活動の進捗状況

ISOを取得する際、企業はこの基準に適合するためのマネジメントシステムを策定し、監査機関のチェックを受けています。審査では認定された仕組みに則った運営が継続し、実際に機能しているかどうかを調べられます。

当然、規格に適合しているかどうかも審査対象となります。加えて、問題が発生したときに改善活動を実施しているかどうかなど、PDCAサイクルを回しているのかについても確認されます。

審査への対応

サーベイランス審査を受ける会社は、特に事前の準備をする必要がないとされています。しかし、必要のない不適合の指摘を避けるには最低限、以下の点に注意する必要があります。

・これまでに実施された内部監査やマネジメントレビューの確認
・前回審査で指摘された不適合への対応
・クレームの処理がどのように行われているか
・ISOのマネジメントシステムが機能しているかどうか
・問題解決に向けての継続的な活動が行われているか
・前回審査以降のシステム変更点
・ISO認証の使用方法

不備や対応漏れがある場合は、次の審査までに修正し、審査時の質問に答えられるようにしましょう。

サーベイランス審査が行われる理由

3年に1回の更新審査があるにもかかわらず、なぜ、サーベイランス審査を毎年もしくは半年に一回実施するのでしょうか。その理由について解説します。

マネジメントシステムがISOの要求基準を満たし続けているかの確認をするため

サーベイランス審査の最重要目的はISO規格に照らし合わせて定められたマネジメントシステムが、問題なく機能しているかという点です。審査時にシステムが全く機能していないようであれば、有効性がないと判断されてしまい、改善するよう指摘されるでしょう。

前回審査で指摘されたポイントが改善されているかの確認をするため

サーベイランス審査は現状チェックだけではなく、過去に指摘された問題点の改善状況についても確認されます。審査は通ったものの、その後に「要改善」とみなされたときは改善策を考え、実行しなければなりません。

まとめ

今回はISO規格のサーベイランス審査について解説しました。事前に何もする必要はないといっても、実際には書類の用意や不備がないかのチェックでかなりの時間・労力を必要とします。審査の方法や内容、工程については審査期間ごとに異なっていますので、現在のサーベイランス審査の負担が大きいのであれば、別な負担への変更を検討してもよいでしょう。複数の審査機関と相談し、自社に最も適した機関に審査を依頼することで、会社全体の効率アップやコスト削減をはかれるかもしれません。

ISO取得コンサルタント会社!おすすめ比較ランキング

商品画像4
5
会社名ISOプロISOコム株式会社ISO認証パートナー(旧ISO総合研究所)株式会社テクノソフトLRM株式会社
実績・マネジメント層以上が選ぶISOコンサル会社No.1
・運用サポート実績1000件突破
サポート実績200社/スリム化実績70社3年以上の運用継続率94%ISO支援実績日本一ISO27001/ISMSの認証を取得
料金■ISO取得・運用支援 コンサルティング
月額4万4,000円(税込)~
※プラン・事業規模・契約年数などにより異なる。
■新規ISO取得+運用・更新サポートプラン
初年度料金 月額 7万5,000円~
次年度以降 月額 3万5,000円~
■ISO新規認証・運用代行コンサルティング
1規格 月額4万円
※別途交通費
■認証取得支援コース
※価格は恐らく見積もり後
■ISMS/ISO27001認証取得コンサルティング
88万円(税込)~
取り扱い規格ISO9001,ISO14001,ISO27001,ISO45001,Pマーク,HACCP,ISO22000,FSSC22000,ISO9100,ISO13485,ISO22716,ISO27017ISO9001,ISO14001,ISO22000,ISO27001,ISO45001,ISO27000,JFS-A/B,HACCPPマーク,ISO9001,ISO14001,ISMS・ISO27001,ISO45001,ISO22000,ISO/IEC 27017ISO9001,ISO14001,ISO27001,ISO13485,JISQ9100,ISO/FSSC22000,HACCP,Pシーマーク,ISO45001,ISO22301,ISO17025,ISO20000,ISO50001,IATF16949,ISO29990,ISO39001ISMS/ISO27001,プライバシーマーク,ISMS/ISO27017,ISMS/ISO27701
問い合わせ電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム・Eメール
会社情報NSSスマートコンサルティング株式会社 東京本社
〒163-6021
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー21階
ISOコム株式会社 東京本社
〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル2F
株式会社ISO総合研究所 大阪本社
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島2丁目2番7号 中之島セントラルタワー21F
株式会社テクノソフト 本社・大阪事業所
〒530-8611 大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー
LRM株式会社 神戸オフィス
〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通1-2-10 読売神戸ビル 5F
詳細リンク

おすすめ関連記事

SEARCH
おすすめISO取得コンサルタント会社の口コミや評判

READ MORE

会社名 株式会社GCERTI-JAPAN(ジーサーティ・ジャパン) 住所 〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー19階 電話番号 06-7662-0

続きを読む

会社名 JQA(一般財団法人日本品質保証機構) 住所 〒101-8555 東京都千代田区神田須田町1-25 生活に欠かせない電化製品や自動車などは、国で定められた基準に基づいて製造・販売され

続きを読む

ISOとは、ビジネスにおいて品質や安全性を確保し、競争力を高めるための国際規格です。本記事では、ISOの基本知識から、ビジネスへの利益につながる規格の種類やメリット、さらにはISO認証の取得

続きを読む

ISO22301は、事業継続マネジメントシステム(BCMS)に関する国際規格であり、企業が予期せぬ事態に直面した際にも、その影響を最小限に抑え、事業活動を迅速に再開できるようにするためのフレ

続きを読む

HACCP(ハサップ)は、食品安全を確保するための重要な制度です。この記事では、HACCPの基本や導入にともなうメリット・デメリット、そして認証取得の手順について詳しく解説します。食品業界や

続きを読む

会社名:株式会社ISOMA 住所:東京都中央区日本橋2丁目1番3号 アーバンネット日本橋二丁目ビル10階 電話番号:03-4405-3213 株式会社ISOMAは2019年に創業した比較的新

続きを読む

会社名:株式会社バルク 住所:東京都港区虎ノ門四丁目1-40 江戸見坂森ビル 電話番号:03-4500-6484 バルクはPマーク(プライバシーマーク)やSIO27001取得認証のコンサルテ

続きを読む

Pマークは国内での安全性認証を指し、ISOは国際的な標準です。本記事では、これらの違いを解説し、製品の信頼性向上にどのようにつながるかを解説します。製品安全性の視点でPマークとISOの違いを

続きを読む

ISO9001取得の目的は、企業が品質マネジメントを強化し、顧客満足度を向上させることです。本記事では、ISO9001認証によってもたらされる品質向上の効果に焦点を当て、効果的な品質マネジメ

続きを読む

ISO新規取得には、ビジネス成功のカギが隠れています。本記事では、ISO規格の新規取得について、費用や期間などの情報を紹介します。ISO規格は、国際的な規模で基準を統一する規格であり、世界基

続きを読む