ISO更新審査とは?維持審査との違いや審査の流れを解説!

公開日:2022/10/15   最終更新日:2022/10/11


ISO認証取得を無事にしたあと、審査がたびたび行われます。専門的な内容のため、質問項目や、気をつける点、準備すべきものが分からず、とても不安になるでしょう。次回も更新したい場合は、審査の目的や内容を理解する必要があります。ここでは、ISOの審査について詳しく解説します。知識をつけて、万全の体制でのぞみましょう。

ISO更新審査とは

ISO認証取得後に、3年ごとに行う審査を指します。3年経過しても、理想的なマネジメントシステムが稼働しているか、規格に沿った状態を維持しているかを確認する作業です。時間が経つにつれて、改善点は発生するので、そこに対する有効な取りくみをしているかが、更新のカギとなります。

維持審査との違い

審査は数種類あり、目的が変わります。ここでは維持審査と更新審査の違いを解説しましょう。

維持審査とは

1年に1~2回行う審査です。登録審査時の50~60%ほどの項目をチェックします。小規模な審査ですが、認証取得後に、適合した状態が継続しているかを確認します。

更新審査とは

維持審査とは異なり、登録審査のような細かい項目をチェックします。この審査は3年間まとめた期間を対象とし、更新に問題がないかを確認することが目的です。また、審査で指摘があれば、是正措置を受けます。至急改善できる場合は更新となりますが、できない場合は不合格となります。

ISO更新審査の目的

更新審査の目的は、信頼維持のためです。ISO認証取得をした製品やサービスは、継続的に安心して利用できなければなりません。そのため、つねに維持改善が必要です。期間中3年もたつとさまざまなことが影響し、最善をキープすることが難しくなります。そこで、審査のチェックが必要です。柔軟な対応ができることは、信頼を証明できます。

ISO更新審査の項目

審査は「維持改善がつねに行われている」という点を、第一にしています。さまざまな要因にそって、具体的な対策がされ、データにのこしているかが重要です。ここでは、注意すべき審査の項目について解説します。

外部環境の影響で変化するビジネス方針

政治・経済・天災・物価・流行、または同業ほか社の動向など、世の中はつねに変動しています。そのため、一度決定したビジネス方針も、定期的に見直しが必要です。経営陣はつねにそれらを分析し、柔軟な対応をし、各部署へ共有しなければなりません。

また、各部署は経営陣の方針のもと、目的をもち計画立案をします。審査は、3年間の動向・推移を確認するので、データを準備しましょう。方針を変更した理由・目標値・取りくみ・最終結果・次回の改善点などを、部署ごとにも、まとめる必要があります。

内部課題による方針の変更

社内環境も、審査対象になります。理由としては、勤務しやすい環境にすることで、従業員の能力発揮を促進し、製品・サービスの向上に影響するからです。とくに、給与・勤務時間・健康状態・休暇・手当など。心身ともに健康であり、生活を維持できることが、理想とされます。

これらが、不充分であれば、欠勤や退職者が続出してしまい、業務トラブルの元となります。従業員管理は、とても重要な項目です。審査では、人事方針・教育・福利厚生など、経営方針に紐づけた、取りくみの具体的説明をしましょう。

方針共有の記録

外部環境・内部課題により、定期的に方針が変更されます。経営陣はその都度、各部署へ共有・説得する必要があります。その際、分析したうえでの課題・目標値まで指示をします。ここまでが、方針変更時に経営陣がやるべきことです。伝える内容は、改善点はもちろんですが、よかった点や今後活かせる点も共有しましょう。

そこで、各部署が的確な取りくみを立案することで、方針は浸透しているとされます。会議・研修などの記録をしておくとよいでしょう。最低3年間の傾向を、提示できると安心です。

3年間の分析と目標値

3年前の目標にたいしての結果、また分析できたことを質問されます。とくに、目標値自体が的確だったかはポイントとなります。たとえば、経営方針にあっていたか、各期に前期の振りかえりをもとにたてた数値か、目標未達成のとき適切な修正がされているかなど。目標値が大幅にぶれてしまっては、達成・未達成どちらにしても、企業の能力値が判断できません。目標設定の根拠を答えられるようにしましょう。

内部監査の結果

内部監査は、毎年1回必須とされているので、結果の提出をしましょう。また、定期検査で指摘をうけた場合、取りくみの報告もします。

ISO規格への適合状況

ISO認証取得によって、混乱や負荷が起き、ルール通りの業務が行われていない場合も懸念されます。定期審査でもチェックされますが、きちんとルールの運用がされているかの確認をしましょう。

まとめ

ISO更新審査はとても専門的な内容です。基本的に、コミュニケーションを取りあい、問題にたいするポジティブな働きを、全員がしていれば問題ありません。しかし、素人だけの知識では、とても不安になるでしょう。対策としては、取得コンサルタントを利用し、審査の立ち合いを依頼することです。きちんと、対応してもらえるのでとても安心です。難易度が高く感じますが、企業の価値が上がるので、ぜひISO更新をめざしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH
おすすめISO取得コンサルタント会社の口コミや評判

READ MORE

ISOとは、製品の大きさ・品質・安全性などを、世界規模で統一した規格です。ISOに認証取得された製品は、海外需要に応じることや、他社との差別化に役立ちます。そこで、企業はISO認証取得をスム

続きを読む

ISO認証取得を無事にしたあと、審査がたびたび行われます。専門的な内容のため、質問項目や、気をつける点、準備すべきものが分からず、とても不安になるでしょう。次回も更新したい場合は、審査の目的

続きを読む

ISOを取得するときに自社で取得することだけではなく、コンサルタントやコンサルティング会社に依頼して取得していくという方法があります。今回は、ISOコンサルについて見ていきたいと思います。

続きを読む

ISOとは何なのか存知でしょうか。言葉は聞いたことあっても具体的な意味まで理解していない人が多いのではないでしょう。この記事では、ISOについて詳しく紹介します。また、ISO認証を取得するど

続きを読む

ISO認証という言葉は知っていても、規格の種類や取得方法を理解していない人が多いのではないでしょう。この記事では、ISOマネジメントシステム規格の種類と、ISOの審査でチェックされる項目につ

続きを読む

ISOの取得を検討している企業の方は、コンサルタント会社を利用してサポートを受けることが多いでしょう。この記事では、ISO取得コンサルタント会社を利用するメリットやサポート内容について紹介し

続きを読む

有限会社岩崎経営 住所:北海道札幌市手稲区曙5条2丁目5番13号 TEL:011-682-3701 ISOを取得したいけど、何から手を付けたらよいか分からない企業も多いのではないでしょうか?

続きを読む

イギリスが発祥のISOは、ヨーロッパはもちろんアメリカなどの北米、さらに韓国や日本などアジア圏にも広まっており、今や世界中で浸透しているグローバルライセンスの一つです。世界基準のISOを取得

続きを読む

有限会社アイムス 住所:福岡市南区多賀1-1-27 TEL:092-406-3806 「うまくいく」ISOマネジメントシステムが好評だという有限会社アイムス、初めてISOの構築を検討している

続きを読む

認証パートナー(株式会社スリーエーコンサルティング) 住所:大阪府大阪市北区中之島2丁目2番7号 中之島セントラルタワー21階 TEL:06-4400-8882 認証パートナーは大阪市に本社

続きを読む