ISOコンサルとは?

公開日:2022/08/10   最終更新日:2022/10/18

bottom_4

ISOを取得するときに自社で取得することだけではなく、コンサルタントやコンサルティング会社に依頼して取得していくという方法があります。今回は、ISOコンサルについて見ていきたいと思います。

ISOコンサルについて

ISOコンサルは、ISO規格の知識や経験があり、ISO認証の取得や運用の教育などのサポートを行います。一般的なコンサルタント業務はもちろんのこと、ISO取得や運用方法、代行を行うコンサルタントもいます。

ISOコンサルにも大きくわけると3つの種類があり、雛形コンサルタイプとフルサポートコンサルタイプ、指導型サポートタイプがあります。下記で紹介していきます。

雛形コンサルタイプ

雛形コンサルタイプは、決められたマニュアルを利用したISO認証取得をサポートし、スピーディさやリーズナブルさをウリにしているコンサルティング会社やコンサルタントとなります。特徴としては、コンサルティング会社やコンサルタントが前もって用意した文章や記録の雛形を利用して、ISO規格の条件を満たした文章や記録の準備が可能です。

打ち合わせの回数が少ないため、費用を抑えて利用できます。しかし雛形の文章や記録となるため、柔軟性はそこまで期待できず、自社の実務や企業規模に合わない規定やマニュアルが出来上がってしまう可能性もあります。

フルサポートコンサルタイプ

フルサポートコンサルタイプは各企業の実情に合わせてISOを構築することや運用をサポートします。企業や組織のISO事務局の一員となって、ISO構築を行っていきます。

雛形コンサルタイプと異なり、それぞれの企業に沿ったISO規格の文章や記録を作成する点が特徴です。そのため、ヒアリングをしっかりと行い、各企業の規模や実務に沿ったISO規格の文章や記録の作成をサポートしたり、一部の運用を代行したりするため、雛形コンサルタイプのデメリットはありません。

しかし、打ち合わせの回数が多く、時間や費用も高くなってしまう傾向があります。また文章を多く作成するコンサルタントも存在するため、注意も必要です。

指導型サポートタイプ

指導型サポートタイプは、各企業のISO担当者やスタッフに対してISO認証取得のための教育を実施していきます。ISOの認証や取得、運用などを自社で行いたいけれど、知識や経験がないという会社へのサポートとなっています。

指導型サポートタイプは、ほかの2つよりも高額になる傾向にあります。ISOコンサルタントにサポートを希望することや、代行ではなく、ISO関連の業務を自社の社員で今後も行っていきたいという会社はこちらのタイプを選ぶとよいでしょう。

ISOコンサルタントになれる条件とは?

ISOコンサルタントになるための資格はありません。ISOの知識や経験を持っていることで誰でもISOコンサルタントになることができます。

そのため、ひとことでISOコンサルタントといっても質の良し悪しはさまざまだといえます。ISO取得の認証機関での審査員資格を保持していることや、ISOコンサルティング会社に在籍していた人、ISO取得企業で品質管理責任者の経験がある人など、今までの経歴もコンサルタントによって異なります。

ISOコンサルタントは、資格はいらないため、担当するコンサルタントの経歴などにも着目しておくとよいでしょう。

ISOコンサルを選ぶ前に確認しておくべきこと

ISOコンサルを利用するときには、個人で活動している個人コンサルタントか、コンサルティング会社に依頼します。上記でも記載したようにISOコンサルにも種類があるため、どのタイプに依頼すべきか悩む方も多いことでしょう。

そのときの準備としてまずは、ISO認証を取得する目的は何かをもう一度整理することです。たとえば先方からISO認証取得を要求されているときであればスピード対応をウリにしている雛形コンサルタイプを選ぶことや迅速に対応可能なISOコンサルタントを選んでいくことが重要になります。

業務効率化が目的であれば、自社のマネジメントを構築していく必要があるため、フルサポートタイプや指導型サポートタイプを取り入れているISOコンサルタントを選ぶとよいでしょう。しかし、また費用面に関しても気になるポイントにはなりますが、安さだけを見て判断するのではなく、ISO認証取得の根っことなる理由や目的をしっかりと整理し、理解したうえで、その目的を達成できるISOコンサルを選択していくことが大切です。

マネジメントシステムの種類

ISO規格には、「ISO〇〇〇〇」などの番号によって整理がされており、数字によって内容は異なります。有名なのは、ISO9001やISO14001などです。
9001は品質マネジメントシステムを指します。質の良いサービスを提供することで、顧客満足度を高めます。
14001は、環境保全を目的とした規格を指します。会社が周囲の環境に与える悪影響を解決するためのシステムです。「周囲の環境」には、自然だけではなく地域の人たちも含まれています。

他にも目的やサービスに応じて様々な規格があります。

規格 項目 内容
ISO9001 品質マネジメントシステム サービスや製品の質を保証し、顧客満足度を高める。
ISO14001 環境マネジメントシステム 会社があることで周囲与える悪影響を無くす。
ISO27001 情報セキュリティー 機密情報や個人情報の漏洩、ネットワーク犯罪を防ぐ。
ISO22000 食品安全 製造工程を含めた企業全体の管理を行い、食品の安全性を保証する。
ISO20000 ITサービス ITサービスの内容やリスクを明確にし、効率性や改善の機会を作る。
ISO22301 事業継続 効果的・効率的な事業継続マネジメントシステムの運用を実現する。
ISO17025 試験・校正機関 試験所や校正機関が、正しい結果を生み出せるかどうかを認定する。
ISO50001 エネルギー エネルギー使用を効率化し、使用量を削減する。

また、特定の業種や製品にのみ適用する「セクター規格」呼ばれるものもあります。下記はISO9001を基準と士らセクター規格です。

基準となる規格 セクター規格 業種
ISO9001
IATF16949 自動車
ISO13485 医療機器
JISQ9100 航空宇宙

ISO認証取得にコンサルタントはいた方がよい?

ISO認証取得のときには、コンサルタントやコンサルティング会社に依頼せず、自身で取得していく方法ももちろんあります。ここでは、自身で取得していく場合とコンサルタントやコンサルティング会社に依頼する場合のおおまかな時間とコスト面を比較していきます。

自力でISO認証取得を行う場合

ISO取得に関しての知識がなく自身で取得していく場合には、一般的に16か月間ほどかかると思っておく必要があります。流れの一例としては、ISOについての知識を得ていくための準備期間として1か月目から2か月目、自社のマネジメントシステムを一から構築する期間として2か月目から9か月目、マネジメントシステムを実際に運営する期間として6か月目から12か月目、ISO認証取得の1次審査と2次審査の期間として13か月目から15か月目、そして実際にISO認証取得となるのは16か月目となります。

また自社でのISO認証取得に向けての業務を開始したときには月の約80%はISO業務にあてることとなり、ISO業務に専任できない場合には、ほかの業務と兼任しながら進めていく必要があります。マネジメントシステム構築までに8か月かかるとすれば、基本給30万円の社員への残業手当などを含めて月に32万7,000円ほどを給与とすると260万円以上の費用がかかります。

メリットとしては、自社でISO認証取得をすることで会社のトップがISOに関しての理解を深めることができる点だといえます。

コンサルタントやコンサルティング会社に依頼した場合

コンサルタントやコンサルティング会社に依頼した場合のISO認証取得までにかかる期間は、一般的に8か月ほどです。1か月目から3か月目には業務のヒアリング、独自のマニュアル、規定構築を行い、4か月目から5か月目には内部監査、6か月目から7か月目には1次審査、2次審査、そして8か月目にはISO認証を取得という流れになります。

そしてコンサルタントやコンサルティング会社に依頼したときのマネジメントシステム構築までの費用としては、月に13万円程度で4か月かかるとするとおおよそ53万円前後となります。フルサポートを依頼する場合には、おおよそ45万円から150万円ほどが多く、ISO取得後のサポートを依頼するにはまた別途費用となるところが多い傾向にあります。

そのため、自身で取得する場合とコンサルタントやコンサルティング会社に依頼した場合にはISO認証取得までにかかる時間とコスト面に大きな違いがあります。コンサルタントやコンサルティング会社に依頼することで、ISO専門家がサポートを行っていくため、効率的にコスト面も考慮しながら進めることができるでしょう。

まとめ

今回はISOコンサルについて紹介してきました。ISOコンサルには、3つのタイプと特徴があり、自社でISO認証取得をするのはどのような目的があるのかをしっかりと整理し、どのタイプが合うのかを見極めて依頼していくことが大切でした。

自身でISO認証取得を目指すことももちろん可能ではありますが、スペシャリストの手を借りることで、効率よく進めていくことができます。またISO認証取得を行ったあとが本当のスタートであり、各会社に浸透していくためにはある程度の時間も必要となります。

よりよいISOコンサルに依頼することで、運用が始まってからそのシステムがうまく作用し、レベルアップができているのかの確認や、経営改善のためのISO構築も実現可能となります。しかしISOコンサルは、専門の資格はないため、見極めも非常に大切です。

そのため、ISO取得後の運用支援なども事前に確認しておいてもよいでしょう。またサイト内ではISO取得コンサルタント会社や、ISO取得コンサルタント会社を選ぶポイントなども紹介しているのでよかったら参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH
おすすめISO取得コンサルタント会社の口コミや評判

READ MORE

自社製品にたいして、ISO認証取得を目標としている企業は多いでしょう。ISO認証取得によって、売上や信頼を得ることができます。しかし、簡単に取得できるものではないと、懸念されることもあります

続きを読む

ISOとは、製品の大きさ・品質・安全性などを、世界規模で統一した規格です。ISOに認証取得された製品は、海外需要に応じることや、他社との差別化に役立ちます。そこで、企業はISO認証取得をスム

続きを読む

ISO認証取得を無事にしたあと、審査がたびたび行われます。専門的な内容のため、質問項目や、気をつける点、準備すべきものが分からず、とても不安になるでしょう。次回も更新したい場合は、審査の目的

続きを読む

ISOを取得するときに自社で取得することだけではなく、コンサルタントやコンサルティング会社に依頼して取得していくという方法があります。今回は、ISOコンサルについて見ていきたいと思います。

続きを読む

ISOとは何なのか存知でしょうか。言葉は聞いたことあっても具体的な意味まで理解していない人が多いのではないでしょう。この記事では、ISOについて詳しく紹介します。また、ISO認証を取得するど

続きを読む

ISO認証という言葉は知っていても、規格の種類や取得方法を理解していない人が多いのではないでしょう。この記事では、ISOマネジメントシステム規格の種類と、ISOの審査でチェックされる項目につ

続きを読む

ISOの取得を検討している企業の方は、コンサルタント会社を利用してサポートを受けることが多いでしょう。この記事では、ISO取得コンサルタント会社を利用するメリットやサポート内容について紹介し

続きを読む

有限会社岩崎経営 住所:北海道札幌市手稲区曙5条2丁目5番13号 TEL:011-682-3701 ISOを取得したいけど、何から手を付けたらよいか分からない企業も多いのではないでしょうか?

続きを読む

イギリスが発祥のISOは、ヨーロッパはもちろんアメリカなどの北米、さらに韓国や日本などアジア圏にも広まっており、今や世界中で浸透しているグローバルライセンスの一つです。世界基準のISOを取得

続きを読む

有限会社アイムス 住所:福岡市南区多賀1-1-27 TEL:092-406-3806 「うまくいく」ISOマネジメントシステムが好評だという有限会社アイムス、初めてISOの構築を検討している

続きを読む